'; ?> 絶大な効果の仕組み

絶大な効果の仕組み

絶大な効果の仕組み

絶大な効果の仕組み   それは、日本語⇒英語の順で聞くから

多くの人は、学校で、英語→日本語の順で学んできました。しかしこの方法は、
実はあまり効果がなかったのです。
たとえば、ある講演者が英語でスピーチして、そのあとに日本語の翻訳がついても、
たいていの人には、ほとんど英語の勉強にはならないでしょう。

それは、英語を聞き取れていない上に、そのあとに日本語で意味を聞いたときには、
もう英語の文章を忘れてしまっているからです。ですから、英語は全く頭に残りません。

ところが、講演者が日本語でスピーチして、そのあとに英語の翻訳が付いた場合、
多少でも英語力がある人が聞けば、非常に英語の勉強になるのです。

それは、まず何を話しているのかが日本語で頭に入ったうえで、つぎに英語を聞くので、
英語が聞き取りやすくなるからです。また聞き取れれば、それが頭に入るからです。

そのため、日本語→英語の順に聞けば、これが絶大な効果をもたらすことは、
少しでもやってみれば、すぐ分かると思います。

  ⇒ サンプル音声を聴いてみる

しかも小分割だから

また人間には、瞬時に覚えられる適度な文章の長さというものが、ある程度決まっています。
あまり長いと、反復練習のときに「何だっけな」ということになってしまいますので、小さな区切りで進んでいくのは、とても理にかなっているのです。

  ⇒ サンプル音声を聴いてみる

 

右脳⇒左脳の連携プレーも効果的なんです

ご存知のように、人間の脳は、右脳と左脳に分かれています。
右脳はイメージ記憶、瞬間記憶、直感、ひらめき、芸術、創造性等の分野と言われています。
一方、左脳には言語中枢があり、言語認識、言語記憶、論理的思考、計算などの分野と言われています。
そして、左耳は右脳に、右耳は左脳につながっています。

ですから、
 @左耳で日本語を聞き、
 A右脳で、意味とイメージをしっかり把握。
 B次に右耳から英語を聞いて、
 C左脳の言語中枢へで、英語の発音やフレーズを頭に焼き付ける。

この方法は、これは大脳生理学的にみて、理想的な語学学習法です。
1週間も続ければ、すっかり英語耳、英語感覚が身についてしまうようですよ。

  ⇒ 無料体験版をダウンロード

絶大な効果の仕組み関連ページ

いままでの英会話リスニング学習と、何が違うの?
英語、英会話をマスターしたい! いつも挫折してきたけど、今度こそ! なにか効率的に英語を勉強できる方法ってないのかな? できれば費用の面でも効率的に。 そんな、あなたに、人気の英語・英会話学習法を提案します。
利用者の声
英語、英会話をマスターしたい! いつも挫折してきたけど、今度こそ! なにか効率的に英語を勉強できる方法ってないのかな? できれば費用の面でも効率的に。 そんな、あなたに、人気の英語・英会話学習法を提案します。
学習効果アンケート(高校生)
英語、英会話をマスターしたい! いつも挫折してきたけど、今度こそ! なにか効率的に英語を勉強できる方法ってないのかな? できれば費用の面でも効率的に。 そんな、あなたに、人気の英語・英会話学習法を提案します。
通勤時間に英会話
英語、英会話をマスターしたい! いつも挫折してきたけど、今度こそ! なにか効率的に英語を勉強できる方法ってないのかな? できれば費用の面でも効率的に。 そんな、あなたに、人気の英語・英会話学習法を提案します。

ホーム RSS購読 サイトマップ